レザーの洗い方とお手入れ方法

※水や漂白剤で洗わないでください。
※日陰のつり干しにし、タンブラー乾燥、アイロンは使用しないでください。
* ドライクリーニング不可。
※干す際は裏返しにしないでください。
※天然皮革は着用中に多少の色落ちが生じる場合がありますが、これは正常な現象です。
※淡い色の衣類との着用はお避けください。
※クリーニングやメンテナンスは専門のクリーニング店にお出しいただき、保管中は酸、アルカリ、虫、虫などから守ってください。

衣類のお手入れについて

より少なく洗い、より多く着よう

衣服の洗濯はできるだけ少なくすることが最善であることを常に念頭に置いてください。衣類を頻繁に洗いすぎると、環境と財布の両方に負担がかかるだけでなく、品質に悪影響を与える可能性があります。

環境に優しい製品を選ぶ

衣服と環境の両方を守るために、環境に優しい洗濯製品を選択し、漂白剤や柔軟剤の使用を避けてください。環境に優しい洗剤は、従来の洗剤と同様に効果的ですが、有害な化学物質や毒素が含まれていないという利点があります。漂白剤は生地にダメージを与える可能性があり、柔軟剤は衣服を薄い膜で覆い、通気性や吸湿性などのプラスの特性を妨げる可能性があります。

衣類を自然に乾燥させる

吊り干しをすると、乾燥に出すたびに衣類が枯れたり縮んだりするのを防ぐことができ、また、長期にわたって衣類を再購入するコストも節約できます。風と太陽が協力して、洗いたての洗濯物のための究極の天然乾燥機を作り出し、明るく太陽の光が降り注ぐ香りとともに、自然乾燥させたばかりの衣類を提供します。

丁寧に洗う

衣服の内側にある個々のケアラベルに常に注意してください。ただし、衣服は低温 (最高 30°C) または冷水で洗濯するようにしてください。水とエネルギーの無駄を避けるために、洗濯機には必ず水を入れてください。ただし、多すぎる水量 を入れると摩擦が生じ、衣服がうまく洗えなくなったり、ボロボロになったりする可能性があるため、入れすぎないように注意してください。お手入れ要件に従って衣類を分別することも忘れないでください。さまざまな生地に注意しながら、明るい色と暗い色を分けます。